色々な効果が期待できる場所「合谷」を押してみよう

突然ですが、合谷というツボをご存知でしょうか?

最近の方はそもそも有名どころでも御存知無い方もいるかもしれませんが

昔の人は普通に知ってるであろう場所のうちの一つでした。

今回はそんな合谷についてお話していこうかなと思います。

合谷の場所は?

合谷の場所は、親指と人差し指の骨が合わさるところの

上記の画像の赤い点の位置になります。

どうやって押したらいいか?

目安の位置は上記画像の位置に大体なりますが、

どちらかというと人差し指寄りで押すといいでしょう。


押し方は二本の指で挟むようにして

ゆっくり指圧を3~5秒して力を抜くを5~10回程度繰り返すのがいいかなと思います。

後、大抵の人は刺激があると思いますので加減も気を付けて

強くても痛気持ち良い程度までにしておきましょう!

合谷を刺激することで期待できるとされている効果は?

万能のツボなんて言われることもあるので様々な期待があると言われていて、

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 眼の疲れ
  • 生理痛
  • お腹の痛み(特に便秘の類)
  • 歯の痛みや疲れ
  • 幸せホルモンといわれるエンドロフィンが出ると言われている

といった感じで色々な状態に対して言われてます

何かあったらとりあえず押しておこうというのもうなづけますね!



因みにこの合谷、東洋医学の理論で四総穴と言われる一つなのですが

「面目(めんこう)は合谷に収む」

と記載されていて、これを訳すと、
顔や口の中には合谷がいいということになるので

上記のリストの中に歯の痛みがあるのも納得ですね!

筆者は虫歯の痛みがひどかったときの痛み止めの応急処置として

合谷に鍼を使って強い刺激を与え続けたことで
歯を抜くまでの間の一時しのぎをしたことがありました・・・


他の四総穴は委中、列欠、足三里という場所になりますが
それはまた後日にでも。

まとめ

場所的にも手軽に押すことができる合谷。

期待される内容の中には日常で起こりうるものも結構ありますので

これを期に方法の一つとして覚えておいて損はないかと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。