もし交通事故になって大丈夫だと思っても、マメにケアをしましょう!

皆がなるわけではないですが、自分が原因でなくても巻き込まれる交通事故。

今回はそんな交通事故にあった時のケアはしっかりした方がいいよというお話になります。

交通事故にあってしまったら

細かいことは割愛しますが、一通りの手続きがあるかと思います。

その後ケガの内容にもよりますが、
入院クラスでもなければお医者さんなり接骨院なりでケアをすることが出来ます。

例外がなければ保険を使って通うことが出来ることになりますが

「症状が特に感じないから行かなくていい」という方が中に一定数います。

その時は本当に大丈夫かもしれません。
しかし時間が経つにつれすぐに後遺症が出るならまだ対応は早いのですが

何十年と経ったころにその時の症状が出ることもよくあります。

そうなってしまうと中々しぶとく違和感が続いてしまうので

たとえ無症状だったとしてもマメに通うことをおススメというより
例外がない限り保険は使えますので絶対行った方がいいです!

事故の後遺症は鍼やお灸も助けになります

事故により、なぜか気持ち悪い状態が出てしまうことも程度によってはあり得ます。

その場合ほぐしたりなどでは中々難しいかと思いますが
これが鍼灸になりますと、そんな状態でも助けになってくれますよ!

全身を調整することに長けている鍼灸の力を借りることで
気持ち悪い状態だけでなく、その他の事故のダメージに対してもアプローチが可能です。

まとめ

交通事故にならないのが一番ですが、

いくら気を付けていても向こうから跳んでくる理不尽なものもあり回避できない時があります
(実際それがありました)

もしなったしまいその時本当に大丈夫でも
忘れかけたころに症状が出ることがよくありますので
ケアはマメに確実に受けましょう!


早めの対応をすることで
今後の身体の不調の有無にもかかわってきますので・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。