ブログ

【鍼灸マッサージ師が教える】月経痛や冷え症などには復溜を刺激してみよう

    投稿日:2023年12月5日 | 最終更新日:2023年12月5日

    冷えは万病のもとと言われていますが、特に女性の場合は気を付ける度合いが大きくなるはずです。
    女性の冷えは特有の臓器への影響もさることながら、元々冷えやすいと思いますので尚更です。
    冷えは具体的に症状がわかりにくいですが、
    月経痛などは人によってかなり痛みがあり、厳しい場合もあるはずでしょう。

    今回は鍼灸マッサージで使われる経穴(ツボ)のうち、そんな冷えや月経痛などに良いとされる
    ふくりゅう(復溜)という場所について紹介していこうと思います。

    復溜の場所は?

    復溜の場所は大体上記画像の辺りとなりますが、
    復溜を探すためには、まず太谿(たいけい)という場所を見つけておくと探しやすくなります。
    太谿の場所は、足の内側の方のくるぶしの一番とがった所と、アキレス腱の間のくぼんだ所になります。
    太谿の詳しい内容は以下の記事に記載していますので、併せて見てみると良いでしょう。
    この太谿と復溜は同じ経絡上にありますので、関係性も非常に強いです。

    太谿の場所を見つけましたら、そこから膝の方に向かって指3本分(2~4の指)の所の
    アキレス腱より前側の位置が復溜となります。

    復溜で期待される効果は?

    復溜を刺激することで良いとされる内容は、次のようなものがあります。

    • 冷え性
    • 女性の下腹部に対しての冷え
    • 月経痛
    • 不妊治療
    • 胃腸の不調
    • 耳や歯の痛み
    • 手足のむくみ

    主に冷え性に関連するものが多いかと思います。
    女性特有の症状もそれに関連していますので、月経痛などに対しても良いとされています。
    他にも胃腸の不調や歯・耳の痛みにも良いとされていますので、結構色々対応できそうです。

    後は特定の症状でなくてもこの復溜は、上記の太谿と共に経絡治療でも良く使う場所だったりします。

    復溜の刺激の仕方は?

    復溜を刺激する方法として、指圧をしたり、鍼をしてもらうという手はありますが、
    冷えに関してならやはりお灸をしてみると良いかと思います。

    お灸はせんねん灸と呼ばれる、お手軽に温めれるタイプのもので全然大丈夫です。
    お灸をセットして熱さを感じてきたら取り去るという感じで問題ありません。
    定期的に行うことで、冷えに対しての体質改善のお手伝いもできるかと思います。
    併せて上記で紹介した太谿と共にすえるのも良いでしょう。

    後温める方法としてお手軽なのはやはり足湯かと思います。
    復溜も含めた足全般を温めれますし、場所を探したりなどの技術も要りませんので更にお手軽です。
    当院では希望者には足湯を体験できるようにしておりますので、ご希望される方は行ってくださいね。
    足を温めるだけで結構全体的に温かくなりますよ!

    冷え性や月経痛などに対しては「復溜」を。

    今回は復溜という場所についてお話していきました。
    冷え症は万病のもとといわれているだけあって、一見冷えてるだけでも見過ごすわけにはいかないかと思います。
    特に女性の方は冷えだけでなく、月経関連の症状にもつながってきますので
    この復溜も含めた場所をしっかり温めていき、健康という意味でもしっかりしていきたい所でしょう。

    冷え性などでお悩みの方は「うっつん治療院」へ

    ツボを知ることで、快適な日常生活のお助けになる場合があります。
    もし頭痛や首コリが慢性化している、ツボの刺激だけでは改善しづらい場合は、
    専門の鍼灸院のサポートを受けることをおすすめします。

    当院では、経験豊富な鍼灸・マッサージ師が、
    頭痛や首コリなどの症状に効果的な施術を提供しています。
    個々の症状や体質に合わせたオーダーメイドの鍼灸治療を行い、根本からの改善を目指します。

    関連記事