妊婦さんは鍼灸やマッサージを受けていいの?

ご懐妊となって新しい命を宿す事はすばらしく尊いものだと思います。

しかし、妊婦さんはその分いつも以上に負担がかかるのであちこち不調も出る事でしょう。

そこでほぐしたりのケアを何とかしたいとなりますが、

どのタイミングでしたらいいかなどを簡単にですがお話しして行こうと思います。

妊婦さんの状態ってどんな感じ?

本題に入る前に妊婦さんの時の状態を簡易的にお話しして行こうと思います。

周期によって色々ある為全部は取り上げませんが

治療院に関係が特に強そうなものをピックアップするとすれば、

  • むくみ
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 便秘
  • ストレス
  • 精神的に不安定な時もある

といったものがあります。

どれも普段の状態でもあったら宜しくはない状態だというのは
分かるのではないかと思います。

妊婦さんが鍼灸やマッサージがやっていいのは安定期以降

ここからが本題になりますが

妊婦さんがマッサージなどをしていい期間と言われているのは安定期以降になります。
(その辺りはお医者さんにもきちんと相談して許可を貰った後にやっていきましょう)

基本妊婦さんへのマッサージ等は横向きで行います。

刺激の強さもあまり強いのは宜しくありませんので、
ほどほどの加減で行っていくことが主になります。

普段強い刺激が好きな方は物足りなくなるかもしれませんが

何かあってはいけませんのでご了承くださいとなるわけです。

鍼灸治療も血流などを整える期待がある

マッサージだけでなく鍼灸治療も助けになります。

上記で述べた通り妊婦さんの状態は不安定要素が沢山ありますので

全身を調整できる経絡治療は助けになると思いますよ!

因みに鍼を接触するだけの方法でも当院は行っておりますので

鍼を直接刺して刺激するのが心配な方がもしいてもご安心ですよ(^^)/

まとめ

妊婦さんの状態は不安定ですし、出産自体が命がけだと思います。

上記で取り上げた以外にもつわりだったり血圧の変動だったりと

まだまだ不安要素があるわけです。

そんな中でケアを入れるだけでも妊婦さんは少しでも楽になる期間が増えますので
結果的に中にいる子どもにもいい影響になるのではないでしょうか?


後は、世の中の男性諸君も妊娠の状態というのは
どれだけ不安定かというのを少しでも理解しつつ
それ相応に接してあげる事を忘れてはいけないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です